豊富な経験をもとに、当院だからこそできることがあります。

1. 痛みとリスクの少ない手術

手術に用いる麻酔は、ガス麻酔が主流です。
ガス麻酔は痛みを感じさせないようにすると思われがちですが、実はただ意識を失わせるだけの効果しかありません。意識はなくても痛みは感じているため、手術には多くのガス麻酔が必要になります。ところが、ガス麻酔には体温や血圧を下げてしまう副作用もあり、麻酔のリスクが高くなってしまいます。高齢な子や状態の悪い子の麻酔のリスクが高い理由はここにあります。当院では硬膜外麻酔などの局所麻酔(神経ブロック)や数種類の鎮痛薬を用いて痛みのコントロールを行うため、ガス麻酔の量をできるだけ抑えることができます。その結果、「痛みとリスクの少ない手術」を行うことができるのです。
また、術後の痛みも抑えることができるため痛みやストレスが少なく、術後の経過も安心です。

 

2. オーダーメイドの医療

医療技術の進歩とともに、現代はヒトの寿命も延びました。病気になってから治療するのではなく、病気にならないように日頃から検査・管理をする予防医療という考え方は、動物医療でも同じ流れにあります。
犬種(猫種)によって、遺伝的にかかりやすい病気はかなり異なります。普通に暮らしていても、年齢を重ねていけば発症する確率が高いとされる病気に対し、一般的な健康診断だけでなく、犬種(猫種)特有の注意点やアドバイスなど、その子にあったオーダーメイドの予防医療を提供いたします。

 

3. 動物の総合病院を目指して

腫瘍科(ガン、特殊新生物など)、腫瘍外科、循環器科(心臓病など)、皮膚科の専門医による特殊診療を、当院にて受けていただくことができます。また、高度医療アドバイザーとの連携により、重篤な症状や緊急時にもサポート体制が整っているほか、必要があれば大学病院や専門病院にご紹介いたします。
遠くまで行かなくても専門医療が受けられる、動物の総合病院を目指します。

• 専門獣医師、診療状況の最新情報については、お電話にてお問合せください。

お電話でのお問い合わせはこちら047-480-3087